画像に使われている色を抽出して、背景色を自動設定できるjQueryプラグイン「adaptive-backgrounds.js」

画像に使われている色を抽出して、背景色を自動設定できるjQueryプラグインを紹介します。

ab01
jquery.adaptive-backgrounds.js

jquery.adaptive-backgrounds.jsは、画像に最も多く使われている色を抽出して、指定した要素にその色を指定することができるjQueryプラグインです。

画像から自動的に背景色を設定することができます。

デモページをご覧ください。

ECサイトや写真ギャラリーで画像に合わせて背景色を自動設定することができます。

色の抽出はHTML5 CanvasのimageDataが使われています。画像のピクセルごとに色情報を抽出して、最も多い色を採用します。白(#fff)と黒(#ooo)は除外されます。

「最も多い色」なので、同じ赤系でもRGBの値が異なれば、別の色として認識されます。なので、ぱっと見た感じでは赤系の色が多いのに、一部分に集中的に使われている青色が抽出される、ということもあります。

実際のプロジェクトで使用する際は、色の採用条件をカスタマイズすると、良い感じになりそうです。

使い方

サンプルページに実装してみました。

ダウンロード

ソースコードはGitHubに公開されています。右上にある「Clone or download」ボタン > 「Download ZIP」からダウンロードできます。

ダウンロード

ZIPファイルを展開したら、「src」フォルダに入っている「jquery.adaptive-backgrounds.js」を使います。

JS

jQuery、jquery.adaptive-backgrounds.jsを読み込みます。

<script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.2/jquery.min.js"></script>
<script src="js/jquery.adaptive-backgrounds.js"></script>

CSS

サンプル用のスタイルです。

.box {
  height: 1000px;
  display: flex;
  flex-direction: column;
  justify-content: center;
  align-items: center;
}
.box img {
  max-width: 80%;
}

HTML

imgタグにdata-adaptive-background属性を指定します。

<div class="box">
  <img src="image/1.jpg" data-adaptive-background/>
</div>

JS

body閉じタグの前で、スクリプトを実行します。parent: '.box'で背景色を指定する要素を指定します。

<script>
var adaptive_params = {
  parent: '.box'
};
$.adaptiveBackground.run(adaptive_params);
</script>
</body>

以上で、完了です。

サンプル1

サンプル2

サンプル3

人気の記事

2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 952