Googleアドセンスの「インフィード広告」と「記事内広告」フォーマットについて

Googleアドセンスに新しい広告フォーマットが登場!「インフィード広告」と「記事内広告」でサイト収益アップのチャンス

Googleアドセンスに「インフィード広告」と「記事内広告」という新しい広告フォーマットが登場しました。

管理画面の広告ユニット追加画面を見ると、これまでの「テキスト広告とディスプレイ広告」、「関連コンテンツ」に加えて、「インフィード広告」と「記事内広告」という新しい広告フォーマットが追加されています。

「インフィード広告」と「記事内広告」

インフィード広告とは

インフィード広告はトップページやアーカイブページなど、記事や商品が一覧になっているページで使用する広告です。

記事や商品の一覧に自然に溶け込むように広告を表示することで、ユーザーの邪魔にならずに広告を表示することができます。

インフィード広告

Web制作ナビにもインフィード広告を表示してみました。

インフィード広告の導入事例

記事内広告とは

記事内広告は、記事の途中に配置する広告です。段落と段落の間に違和感なく配置できるので、コンテンツの邪魔になりません。

記事内広告

Web制作ナビにも記事内広告を設置してみました。見出しの多い記事で表示するようにしています。

記事内広告の導入事例

インフィード広告の導入方法

インフィード広告を導入するには、Googleアドセンス管理画面の「コンテンツ > 広告ユニット」メニューにある「新しい広告ユニット」ボタンに進みます。

広告ユニット

広告フォーマットの一覧から「インフィード広告」を選択します。

インフィード広告を選択

サイトの一覧ページのデザインに合わせて、インフィード広告のデザインを選択します。このサイトでは「上部の画像」のパターンを選択しました。

インフィード広告のデザイン

「広告ユニット名」に分かりやすい名前を入力して、記事のスタイルを設定します。スタイルは後から変更できるので、こだわりがなければデフォルトのままでいいと思います。最後に「保存してコードを取得」ボタンを押します。

インフィード広告のコードを取得

ちなみに、「グローバルオプション」の「選択したディスプレイ広告を許可する」は通常はオンのままにしておきましょう。記事内広告が表示されない場合に、同じエリアにこれまでのディスプレイ広告が表示されます。

選択したディスプレイ広告を許可する

後は、表示された広告コードをコピーしてサイト内の表示したい場所に貼り付けるだけです。

インフィード広告の広告コードを取得

これでインフィード広告の導入は完了です。

記事内広告の導入方法

記事内広告を導入するには、Googleアドセンス管理画面の「コンテンツ > 広告ユニット」メニューにある「新しい広告ユニット」ボタンに進みます。

広告ユニット

広告フォーマットの一覧から「記事内広告」を選択します。

「記事内広告」を選択

「広告ユニット名」に分かりやすい名前を入力して、記事のスタイルを設定します。スタイルはこだわりがなければデフォルトのままでいいと思います。「Googleで最適化されたスタイルを使用する」にチェックを入れておくと、広告の配色やフォントがGoogleによって自動的に最適化されます。最後に「保存してコードを取得」ボタンを押します。

記事内広告のスタイル

ちなみに、「グローバルオプション」の「選択したディスプレイ広告を許可する」は通常はオンのままにしておきましょう。インフィード広告が表示されない場合に、同じエリアにこれまでのディスプレイ広告が表示されます。

選択したディスプレイ広告を許可する

後は、表示された広告コードをコピーしてサイト内の表示したい場所に貼り付けるだけです。

記事内広告の広告コードを取得

これで記事内広告の導入は完了です。

関連記事

Google Adsense関連コンテンツの導入でサイト収入が30%向上
Google Adsense関連コンテンツの導入でサイト収入が30%向上

人気の記事

2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト

フリーランスWebクリエイター大募集!「ギークスジョブ」

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 238