【2018年版】アドセンス運用に最適なWordPressテーマ10選

アドセンスからの広告収入をメインにしたブログを運営したいときに役に立つ、Google Adsense運用に最適化されたWordPressテーマ11個を紹介します。3つは無料のWordPressテーマ、7つは有料のWordPressテーマです。

アドセンス運用に最適なWordPressテーマ

1. 内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマ「Simplicity」

Simplicity
ダウンロード | デモ | Simplicity(無料テーマ/日本語ベース)

Simplicityは内部SEO対策の施された、Adsense運用に最適な無料Wordpressテーマです。シンプルでモダンなデザインで、どのようなテーマのブログにも合います。

アドセンス用広告枠

あらかじめ広告表示用の枠が用意されています。アドセンス広告のサイズに最適化されており、WordPressテーマのデザインを崩すこと無く、簡単に広告コードを挿入することができます。

GoogleAdsense用広告枠

記事下部にもアドセンス広告表示エリアが用意されています。

記事下部の広告表示エリア

レスポンシブ対応

シンプルなデザインで、PC、タブレット、スマートフォン、どのような画面サイズのディスプレイでも表示が最適化されるレスポンシブ対応です。

PCレイアウト

シンプルな2カラムレイアウトです。記事一覧ページはサムネイル画像付きの表示など、いくつかのパターンが用意されています。

PC表示

スマホレイアウト

スマートフォンでの表示は、Googleのモバイルフレンドリーテストツールでユーザーエクスペリエンスの項目が100点になっています。

スマホ表示

SNSボタンが用意されている

SNSボタンのデザインがあらかじめ用意されており、管理画面から有効化するだけで簡単に記事にシェアボタンを表示することができます。

デフォルトのデザインです。

シェアボタン タイプ5

シンプルなカウントタイプのデザインです。JavaScriptで非同期読み込みをするので、スムーズに表示されます。

シェアボタン タイプ3

シェアボタン タイプ4

最近流行りのマテリアルっぽいデザインも用意されています。

シェアボタン タイプ1

シェアボタン タイプ2

スマートフォンでは、シンプルな表示になります。

シェアボタン

スキン機能で簡単にデザイン変更

スキン機能が用意されており、あらかじめ用意されたスキンを選ぶだけで、初心者でも簡単にデザインを変更することができます。

カラーの変更

3カラムレイアウトの子テーマ

通常は2カラムレイアウトですが、子テーマとして3カラムレイアウトが用意されています。

3カラムレイアウト

ブログカード

記事本文中に他の記事へのリンクを、画像付きのブログカードとして挿入することができます。

関連記事を表示するときなどに便利です。

card

SEO対策済み

標準状態で、SEO対策が施されており、記事を描くことに集中できます。

  • デフォルト状態でW3CのHTML5バリデーションのエラー0
  • タイトルや見出しなど適切なHTML構造に
  • アーカイブ、タグ、検索結果ページなどはNOINDEXに
  • リッチスニペットを用いたパンくずリストによりサイト構造を適切に伝える
  • TIMEタグを用いて記事の更新時間を検索エンジンに正確に伝える
  • テーマに使っている画像などはできる限り圧縮して転送サイズを減らす
  • hentryのマークアップに対応
  • ウェブマスターツールの構造化エラー0
  • Googleのモバイルフレンドリーテストに合格
  • PageSpeed Insightsのモバイルユーザエクスペリエンスが100点

FacebookのOGPタグ、TwitterのCards用タグも標準装備

FacebookのOGPタグ、TwitterのCards用タグが標準で実装されています。FacebookやTwitterでシェアされた時に、画像付きで表示されます。

Facebook OGP

2. AMP対応・SEO最適化・高速表示の「LION BLOG」

2. AMP対応・SEO最適化・高速表示の「LION BLOG」
ダウンロード | デモ | 紹介記事(無料テーマ/日本語ベース)

LION BLOGはとにかく高機能なWordPressテーマです。JavaScript不使用でページの表示速度が高速です。また、AMP、レスポンシブ対応はもちろんのこと、パンくずリストや投稿記事の構造化データを実装しており、SEOに最適化されています。広告表示エリアが用意されており、簡単にGoogleアドセンス広告を設置することができます。プラグインなしで、多くの機能を利用することができるテーマです。

ヘッダーエリア専用の広告枠

ヘッダーエリアに広告を表示することができます。アドセン広告のビッグバナー(728ピクセル × 90ピクセル)を表示することができます。ビッグバナーはクリック単価が高いので、アドセン広告を導入するならば、是非導入したいです。

ヘッダーエリア専用の広告枠

広告用ウィジェットアイテムがある

広告用ウィジェットアイテムが用意されており、サイドエリアや記事の上下など、好きな位置にアドセン広告を設置することができます。

広告用ウィジェットアイテムがある

関連記事内広告用のウィジェットエリア

記事下部の関連記事はプラグインなしで自動表示することができます。関連記事上部にはウィジェットエリアが用意されており、関連記事の一番上に広告や、他の記事へのリンクを表示することができます。

広告枠つきの関連記事表示エリア

AMPページでも記事上と記事下に広告が設置可能

LION BLOGはAMPに対応したテーマです。プラグインなしでテーマ自体の機能でAMPに対応しているので、オリジナルページとAMPページの見た目のデザインに統一感があります。さらに、AMPページ用広告登録枠が用意されており、記事上と記事下にアドセンス広告を設置することができます。

AMPページ用の広告登録枠

プラグインなしで人気記事ランキング

プラグインなしで人気記事ランキングを表示することができます。

プラグインなしで人気記事ランキング

プラグインなしでお問い合わせフォーム

プラグインなしでお問い合わせフォームを設置することができます。固定ページに「お問い合わせTPL」というお問い合わせフォーム用のテンプレートが用意されています。

プラグインなしでお問い合わせフォーム

美しいスタイル

見出し、画像、テキストだけではなく、リスト表示、目次表示などWordPressでよく利用する表示には美しいスタイルが用意されています。

美しいスタイル

3. メディアサイト向け無料WordPressテーマ「LION MEDIA」

メディアサイト向け無料WordPressテーマ「LION MEDIA」
ダウンロード | デモ 紹介記事(無料テーマ/日本語ベース)

LION MEDIAは「LION BLOG」を制作したFITがリリースしたメディアサイト向けの新作テーマです。インデックスページの記事が2カラム配列になっています。もちろん、AMP対応、レスポンシブ対応、高速表示、高機能はそのままです。ウェジェットを使って、サイドバーや記事の上下にアドセンス広告を配置することができます。

4. ブログ向けWordPressテーマ「HUMMING BIRD」

HUMMING BIRD
ダウンロード | デモ(有料テーマ/日本語ベース)

HUMMING BIRDはブログ専用のWodPressテーマです。アドセンスの貼り付け枠があらかじめ用意されており、アドセンスコードを挿入するだけで簡単にWordPressブログ運営をはじめることができます。7,980円の有料テーマです。

美しいデザイン

デザインも美しく、トップページにはPickUP記事を表示するスライダーが用意されています。「ADD」のエリアに、簡単にGoogle Adsense広告を表示することができます。

トップページのデザイン

テーマカラーは自由に変更することができます。

カラーの変更

トップページのレイアウトは3種類から選べる

トップページのレイアウトは3種類から選ぶことができます。

シンプルレイアウト

「シンプルレイアウト」では、記事は1列表示となり、左側にサムネイル画像、右側にタイトルと本文からの抜粋が表示されます。

トップページのレイアウト シンプル

カード型レイアウト

「カード型レイアウト」、記事はカード型で2列に表示されます。

トップページのレイアウト カード

ビッグレイアウト

「ビッグレイアウト」では、記事は1列表示になり、インパクトのある大きなアイキャッチ画像を表示することができます。

トップページのレイアウト ビッグ

レスポンシブ対応

レスポンシブデザイン対応で、スマホ用の表示も綺麗です。スマートフォンでは、記事一覧は1列表示になります。もちろん、スマートフォンでもGoogle Adsense枠を表示することができます。レスポンシブ対応のAdsenseコードを使います。

スマホ用レイアウト

ソーシャルボタン

Twitterのツイート、Facebookのシェア、Hatenaのはてブ、Google+、Pocket、Feedlyのソーシャルボタンがあらかじめ用意されています。「いいね!」の数がわかる、Facebookの「いいね!」ボタンを表示することもできます。ソーシャル連携はブログのアクセス数アップには欠かすことができません。

ソーシャルボタン

詳細ページは2種類の表示から選べる

詳細ページは、通常の2カラム表示、横幅いっぱいのワイド表示の2種類のレイアウトから選ぶことができます。

2カラム表示

通常は、2カラム表示のレイアウトです。記事の上部、サイドバーにGoogle Adsense表示用の広告枠が用意されています。

通常表示

横幅いっぱいのワイド表示

ワイド表示レイアウトではサイドバーがなくなり、記事を画面いっぱいに表示することができます。記事に集中することができる、最近人気のレイアウトです。

ワイド表示

アニメーションを無効化する

デフォルトではページにアニメーション効果がついていますが、WordPressメニューの外観 > カスタマイズ > その他オプション にある「アニメーションを使用しない」にチェックを入れて、アニメーションを無効化することができます。

ショードコード機能

ショードコード機能を使った、記事本文中に綺麗にデザインされた様々なパーツを挿入することができます。

関連記事を表示

ショートコード機能を使って、記事の中にお洒落なデザインで関連記事を表示することができます。

関連記事の表示

関連記事の表示は簡単です。記事本文に表示したい記事のIDを指定した、次のようなコードを挿入するだけです。「1177」の部分が記事のIDです。

[kanren postid="1177"]

吹き出しレイアウト

ショートコードを使って、顔写真付きの吹き出しレイアウトを表示することもできます。吹き出しレイアウトは、会話形式で話を進めたり、顔写真で親しみやすさを出したり、記事を面白くできる流行りのレイアウトです。

吹き出しレイアウト

SEO対策もバッチリ

もちろん、SEO対策もバッチリです。

SEO

5. ブロガー専用テーマ「ストーク」

ブロガー専用テーマ「ストーク」
ダウンロード | デモ(有料テーマ/日本語ベース)

ストークはブロガー専用テーマとして開発された、プロブロガーを目指す人のためのテーマです。WordPressテーマ開発で有名なOPENGAGEが制作したテーマです。スマホ時代のブログマーケティングに最適化されています。

インデックストップ、サイドバーにアドセンス広告を表示

インデックスページのトップエリアにアドセンス広告を表示することができます。もちろん、サイドバーのウィジェットエリアにもアドセンス広告を表示できます。

インデックストップ、サイドバーに広告表示

記事上下にアドセンス広告を表示

記事の上下にアドセンス広告を表示することができます。2カラムショートコードを使って、広告を横並びに表示することも可能です。

記事上下にアドセンス広告を表示

 

6. 広告配置機能を搭載した「BlogPress」

広告配置機能を搭載した「BlogPress」
ダウンロード | デモ(有料テーマ/日本語ベース)

BlogPressは広告配置機能を搭載したWordPressテーマです。デザイン性と操作性を兼ね備えており、人気ブログを構築するのに最適なテーマです。スクロールと連動して広告を表示する「追尾型広告」機能や、記事の上部や下部に一括して広告を挿入する機能が搭載されています。Googleアドセンスなどを導入して、ブログから収益を上げることができます。

7. アクセスと広告収入をアップさせる!ブロガーのためのWordPressテーマ「MAG」

アクセスと広告収入をアップさせる!ブロガーのためのWordPressテーマ「MAG」
ダウンロード | デモ(有料テーマ/日本語ベース)

MAGは人気ブロガーを目指すアフィリエイターのためのWordPressテーマです。広告収入を底上げするための機能が搭載されています。

2カラム、3カラムに対応。1つのテーマで拡張性の高いレイアウトを実現

2カラム、3カラムレイアウトに対応しています。1つのテーマで拡張性の高いレイアウトを実現できます。

2カラム、3カラムに対応。1つのテーマで拡張性の高いレイアウトを実現

追尾型広告、ランダム広告、広告のショートコード化など様々な広告管理機能を搭載

ブログ運営で最も大切な広告収益の効果を最大にするために、様々な広告管理機能が搭載されています。スクロールに連動して表示される追尾型広告は、ユーザーの目に長く留まるのでクリック率を高めるために効果的です。また、ランダム広告機能を使えば、ユーザーに様々な広告を表示して成果を検証することができます。

追尾型広告、ランダム広告、広告のショートコード化など様々な広告管理機能を搭載

WordPress初心者でも自由なレイアウトページを作ることができるページビルダー

ページビルダー機能を使えば、WordPress初心者でも自由なレイアウトで美しいページを作成することができます。

WordPress初心者でも自由なレイアウトページを作ることができるページビルダー

8. 広告の表示を想定して作られたブログテンプレート「Logue」

広告の表示を想定して作られたブログテンプレート「Logue」
ダウンロード | デモ(有料テーマ/日本語ベース)

Logueはあらかじめ広告の表示を想定して作られたブログテンプレートです。ミニマルでフェミニンなデザインで、女性向けのコンテンツ運用に最適です。シンプルで可愛らしいデザインです。

広告成果を上げるために緻密に計算されたレイアウト

テーマのレイアウトは広告のクリック率を高めるために緻密に計算されています。コンテンツと広告のバランスを考え、連続して広告を並べるのではなく、コンテンツをクロスさせたりして、読者に悪い印象を与えることなく、収益化を図っています。

サイドバーの横幅は300pxになっており、広告サイズ 300 × 250pxのアドセンス広告に合わせて作られています。

広告成果を上げるために緻密に計算されたレイアウト

その他にも、ロゴの右横、ヘッダーエリアに広告を配置することもできます。もちろん、記事の上下に広告を入れることも可能です。

ロゴの右横、ヘッダーエリアに広告を配置することもできます。

サイトの横幅を2タイプ(890px or 1000px)から選択可能

サイトの横幅は890px、または1,000pxの2タイプから選ぶことができます。狭い横幅はコンテンツをスッキリと見せることができます。ワイドタイプではより大きな広告を配置することができます。

サイトの横幅を2タイプ(890 or 1000px)から選択可能

レスポンシブ対応でスマホサイトでの広告表示も万全

PC、タブレット、スマホ、それぞれの画面サイズに合わせて表示を最適化するレスポンシブ対応のテーマなので、スマートフォンでの広告表示も万全です。

レスポンシブ対応でスマホサイトでの広告表示も万全

9. 豊富な広告エリアでアドセンスやアフィリエイトをサポート「Chill」

豊富な広告エリアでアドセンスやアフィリエイトをサポート「Chill」
ダウンロード | デモ(有料テーマ/日本語ベース)

Chillは豊富な広告エリアが用意されており、アドセンスやアフィリエイト運用をサポートするテーマです。

ロゴの右横には468px × 60pxサイズの広告バナーを設定できます。サイドバーの横幅は300pxになっており、300px × 250pxサイズの広告を挿入することができます。記事の上下にはテーマオプションから簡単に広告を挿入することができます。

10. 広告枠付きのシンプルなテーマ「New Standard」

広告枠付きのシンプルなテーマ「New Standard」
ダウンロード | デモ(有料テーマ/日本語ベース)

New Standardは広告枠付きのシンプルなテーマです。広告配置を念頭にレイアウトされており、サイドバーの横幅は336pxになっています。レクタングル(大)を配置するのにぴったりなサイズです。また、投稿一覧、投稿記事、固定ページの上下にもウィジェットエリアがあるので柔軟な広告配置が可能です。横幅が広いので728pxの大きな広告を配置することができます。

まとめ

アドセンス運用に向いている、WordPressテーマを紹介しました。いずれのテーマとも、アドセンス広告表示用の枠があらかじめ用意されていること、SEO対策が施されていることが特徴です。Simplicityなどは無料で利用できるWordPressテーマ、HUMMING BIRDは有料のWordPressテーマになります。

ブログでアドセンスの広告収入を得たいけれど、面倒なカスタマイズはせずに記事の執筆に集中したい!というときは、このようにあらかじめアドセンス広告に最適化されたWordPressテーマを利用すると手間がかからないのでおすすめです。

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 19,500