AMP対応の有効性をチェックすることができるChrome拡張機能「AMP Validator」

AMP Validator

AMP ValidatorはページのAMP対応の有無、AMP HTMLの有効性をチェックすることができるChrome拡張機能です。エラーがある場合は、エラー内容を確認することができます。

拡張機能を有効にすると、ブラウザの右上にAMPマークのアイコンが表示されます。

AMPアイコン

AMPページが存在しない、認識できない場合にはグレーアウトされたアイコンが表示されます。

AMPなし

AMPページが存在する場合、青色のアイコンが表示されます。このアイコンをクリックすると、AMPページが表示されます。

AMPあり

AMPページのHTMLが有効だと、緑色のアイコンが表示れます。

AMP OK

AMPページのHTMLにエラーがあると、赤色のアイコンが表示されます。

AMP エラー

エラーの内容は一覧で確認することができます。

AMPエラー一覧

URLの末尾に#development=1を追加

エラーについては、ChromeでAMPページのURL末尾に「#development=1」をつけることでも、コンソール画面に同様の内容が出力することができます。

Chrome拡張機能を使うと、AMP対応の有無がひと目で分かり、エラーの内容を手軽に確認することができます。

構造化データの確認

この方法で確認できるのは、AMP HTMLの文法が正しいかどうかです。構造化データとして正しいかどうかは、構造化データテストツール「Structured Data Testing Tool」などを使って、別途チェックが必要です。

人気の記事

2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 554