テーブル単位でテキストを一括置換できるWordPressプラグイン Better Search Replace

テーブル単位でテキストを一括置換できるWordPressプラグインを紹介します。

Better Search Replace

Better Search Replaceはデータベースのテーブルを指定して、テキストを一括置換できるWordPressプラグインです。

以前に紹介した一括置換プラグインのSearch Regexは記事のタイトルや本文、コメント欄、URLなど、置換の対象が細かく分かれており使いやすいのですが、選択肢にないデータは置換することができませんでした。一方、Better Search Replaceはデータベースのテーブル単位でデータを指定できるので、さまざまなデータを置換することができます。

Search Regexは正規表現を利用できましたが、Better Search Replaceは正規表現は使えません。

Better Search Replaceのインストール

使い方

使用前に、データのバックアップを取っておきましょう。

インストールしたら、ツール > Better Search Replaceに進みます。

メニュー

「Search for」に検索する文字列、「Replace with」に置換後の文字列を入力します。「Select tables」で置換対象のテーブルを選択します。

使い方1

「Run as dry run?」にチェックを付けておくと、テスト実行を行い、いくつ置換が実行されるのか表示してくれます。まずはテストで確認をしてから、「Run as dry run?」のチェックを外して本番実行を行いましょう。

↓「Run as dry run?」で1つのテーブルを検索して、置換対象が8個見つかったことが分かります。

使い方2

データベースを直接触れない場合などに便利です。

人気の記事

日本語対応の無料WordPressテーマ10選
日本語対応の無料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 1,145