アメリカの大企業500社の内、48%が採用しているビジネス向けクラウドストレージ box

boxは急成長をしている企業向けのクラウドストレージサービスです。

4万4千社の顧客を持っており、アメリカのフォーチューン500の大企業(アメリカで総収入が最も多い500社)の内、48%がboxを採用しています。

トヨタ、P&G、ゼネラル・エレクトリック、DeNA、ファミマ・ドット・コム、シティーバンク・テキサスなど、あらゆる業種の企業に採用されています。

同様の個人向けのサービスではdropboxが有名ですが、セキュリティ面やサポート体制を考えると、大企業向けのスペックを満たしていません。

大手など、dropboxが使いにくい場合はboxの導入を検討してみたはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

boxの特徴

誰が、いつ変更したのか、変更履歴が分かります。バージョン管理もできます。

cap8

ファイルを共有する際は、有効期限やパスワード、共有範囲など細かな設定が可能です。

cap9

ファイルをロックすると、誰かが編集しているときに通知をしてくれ、重複作業による混乱を避ける事ができます。

cap11

価格

プラン一覧

個人プラン(無料)
人数:1名
容量:10G
1ファイルの最大サイズ:250MB

スタータープラン(1ユーザー600円/月)
人数:3~10名
容量:100G
1ファイルの最大サイズ:2GB

ビジネルプラン
人数:5名以上
容量:無制限
1ファイルの最大サイズ:5GB

スポンサーリンク
box – アメリカ上位企業500社の内、48%が採用しているビジネス向けクラウドストレージ

みんなが見ている人気記事

コメントを投稿する

  • Posted on 2015.01.10
  • Views 148