SVGファイルを自由に編集できる「Boxy SVG Editor」がすごい!しかも無料。

Illustratorなどのベクターファイル編集ソフトを持っていなくても、SVGファイルを自由に編集することができる便利なツールを紹介します。

SVGファイルを自由に編集できる「Boxy SVG Editor」
Boxy SVG Editor

最近では、アイコンやイラストなどにSVGを使用することが標準になりつつあります。フリー素材なども、SVGファイルのみで配布されているケースをよく見かけるようになりました。

SVGは拡大・縮小が自由なベクターファイルであること、表現の幅の広さ、Webとの相性の良さなどメリットがたくさんあります。

SVGの特徴はこちらのスライドの解説が分かりやすいです。

 

そんな便利なSVGですが、ちょっとSVG画像を編集したい!というときに、IllustratorなどのSVGを編集できるソフトを持っていないと困ってしまいます。

今回は、非デザイナーの方や、普段Illustratorなどのベクターファイル編集ソフトを使わずにデザインをしている方でも、簡単にSVG画像を編集できるツールを紹介します。

SVGファイルを自由に編集できる「Boxy SVG Editor」

Boxy SVG EditorはSVGファイルを自由に編集することができるツールです。しかも完全無料で、広告の表示などもありません。

編集した画像は、SVG形式以外に、PNG、JPEGとして保存することができます。

SVG編集ソフトのオンラインデモ

Chromeで利用できるChromeアプリです。Chromeウェブストアから無料ダウンロードできます。

Chromeアプリ

Chromeにインストールしたら、ブックマークバーの「アプリ」ボタンを選択するか、アドレスバーに「chrome://apps」を入力すると、アプリ一覧から起動することができます。

Chromeのアプリ一覧

SVGのパス、色などを自由に編集することができます。テキストや図形の挿入の他に、マスクや透過の指定も可能です。機能としては通常のベクターファイル編集ソフトと遜色ありません。SVG編集専用に作成されたソフトなので、とても使いやすいです。

SVG編集ソフトのサンプル1

SVGサイズ(View boxやViewport)の設定もできます。

SVG編集ソフトのサンプル2

オブジェクトをグループ化したり、グループ化を解除したりして、管理することができます。

SVG編集ソフトのサンプル3

フォントはGoogle Fontsが利用可能なので、700種類以上のユニークなフォントが使えます。

SVG編集ソフトのサンプル4

便利なショートカットキーも用意されています。

SVG編集ソフトのサンプル5

SVGを編集する際におすすめのツールです。

関連記事

人気の記事

目的別おすすめのWordPressテーマ(無料・有料)【2018年版】
目的別おすすめのWordPressテーマ(無料・有料)【2018年版】
2018年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2018年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ10選

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 17,611