Chromeのデベロッパーツールにhttps通信の安全性を確認できる「Security」が追加

Chromeのデベロッパーツールにhttps通信の安全性を確認できる「Security」パネルが追加されました。

cap01

https通信が安全な場合、「This page is secure(valid HTTPS) 」と表示されます。

cap05

こちらは、httpsのページに、httpのリソース(cssやjavascript、画像ファイルなど)を読み込んでいるケースです。「This page is insecure(broken HTTPS)」と表示されます。

cap03

下の方の「View 42 requests in Network Panel」をクリックすると、httpで読み込んでいるリソースの一覧を「Network」パネルで確認できます。

cap04

人気の記事

2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト

フリーランスWebクリエイター大募集!「ギークスジョブ」

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 3,670