Googleクリエイティブチームが作成したChrome Music Labがあなたの感性を刺激する!

Googleは、Chrome Experimentsというサイトで、Chromeで体験できる実験的なコンテンツを公開しています。Chromeが誕生した翌年の2009年に始まったプロジェクトで、世界中のクリエイターが参加し、2016年現在、コンテンツの数は1,000を超えています。

本日は、そんなChrome Experimentsから、Googleのクリエイティブチームが公開した、Chrome Music Labを紹介します。

cap001
Chrome Music Lab

Chrome Music Labは2016年3月10日にGoogleのクリエイティブチームが公開した、Chromeの最先端技術を使ってWeb上で音楽体験ができるコンテンツです。

全部で12個のコンテンツが公開されていて、いずれのコンテンツもWeb Audio APIを使用しています。また、ほとんどのコンテンツが、Tone.JSなどのオープンソースのライブラリで作成されているので、誰でも同じようなコンテンツを開発することができます。

いくつか、面白いコンテンツを紹介します。

RHYTHM

楽器を演奏するタイミングを指定するだけで、様々な楽器を演奏することができます。

ティンパニとトライアングル。
cap002

アフリカの民族楽器も軽快で楽しいです。
cap003
デモ

KANDINSKY

絵を描くと、絵が音を奏でて音楽になります。

cap006
デモ

OSCILLATORS

キャラクターを縦や横に引っ張ると、振動して音が流れます。

cap007
デモ

Chromeで音楽を通して面白い体験ができます。是非、触ってみてください!

関連記事

人気の記事

目的別おすすめのWordPressテーマ(無料・有料)【2017年版】
目的別おすすめのWordPressテーマ(無料・有料)【2017年版】
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ11選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ11選

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 347