KeynoteをPDFに変換して、WindowsでKeynoteファイルを見る方法

KeynoteをPDFに変換して、WindowsでKeynoteファイルを見る方法を紹介します。

WindowsでKeynoteファイルを見る方法(KeynoteをPDF、PPTに変換する)

Keynoteは、美しいプレゼン資料を作成できるMacアプリとして、人気があります。

しかし、WindowsではKeynoteで作成したファイルを開くことができないので、困ることがあります。

そこで、KeynoteのファイルをPDFに変換して、Windowsで見る方法を紹介します。

KeynoteのPDFへの変換には、CloudConvertを使います。

CloudConvertは書類、動画、画像など200以上のファイル形式を変換することができる、オンライン変換サービスです。

ファイルサイズが1GBまでなら、無料で利用することができます。無料版は変換品質が低めですが、今回のようにKeynoteをWindowsで見るだけなら、特に問題ありません。

KeynoteをPDFに変換する方法

「Select Files」から変換するKeynoteファイルを選択します。

CloudConvert

 

「select format」から変換後のファイル形式として「pdf」を選択します。

KeynoteをPDFに変換

 

ページ右下にある「Start Conversion」ボタンを押すと、変換がスタートします。

変換ボタン

 

変換がスタートしました。

KeynoteのPDFへの変換失敗

 

変換が完了すると、「FINISHED」と表示され、緑色のダウンロードボタンから、PDFファイルをダウンロードすることができます。
※よくエラーになって変換が失敗することがありますが、何度か試すと成功するので、根気よく挑戦しましょう。

KeynoteのPDFへの変換成功

 

無事に、KeynoteのファイルをPDFに変換してWindowsで見ることができました。

KeynoteをPDFとして開く

まとめ

KeynoteをPDFに変換して、WindowsでKeynoteファイルを見る方法を紹介しました。KeynoteはMacユーザーにとても人気がありますが、Windows環境しかないときにKeynoteファイルが送られてくると、中身が見られなくて困ってしまいます。KeynoteをPDFに変換することで、WindowsでもKeynoteファイルを見ることができます。

人気の記事

日本語対応の無料WordPressテーマ10選
日本語対応の無料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 3,315