色覚異常の男性が、人生ではじめて妻の赤色の唇を見ると・・・

色覚異常の人は、多くの人とは色の見え方が異なります。

たとえば、「赤色」を認識する色覚に異常があると、口紅の赤を認識することができません。美しく化粧をした女性の唇を見ても、くすんだ色に見えてしまうのです。

Wikipediaによると日本人では男性の20人に1人、女性の200人に1人が色覚異常を持っています。世界的にも男性の方が色覚異常の割合が多いと言われています。

フランスに拠点を置く、世界最大の化粧品会社ロレアル・パリは、夫が色覚異常を持つカップル3組に、口紅の「赤色」の素晴らしさを伝えるキャンペーンを行いました。

 

色覚異常の夫をパートナーに持つ、3人の女性が登場します。

色覚異常の夫をパートナーに持つ女性、3人が登場します。

 

色覚異常の夫を持つ女性としての悩みを打ちあけます。

「夫は一度も口紅やネイルを褒めてくれたことがないわ。」

夫に口紅やネイルを褒められたことはありません。

 

「口紅の色を変えても、何の反応もないの。」

blind02

 

「最近では、彼は色覚異常だから仕方ないと思うようになったわ。」

最近では、彼は色覚異常だから仕方ないと思うようになったわ。

 

もちろん、色覚異常を持つ男性側も悩みを抱えています。

「みんなと同じように赤色を見てみたいと思うよ。」

みんなと同じように赤色を見たいと思うよ。

 

「何色に見える?と言われても、赤色は茶色と同じに見えるんだ。」

何色に見える?と言われても、赤色は茶色と同じに見えるんだ。

 

「赤色が赤色として見えないことにフラストレーションを感じるよ。」

赤色が赤色として見えないことにフラストレーションを感じるよ。

 

彼らには、美しいはずの妻の唇が、くすんだ茶色に見えてしまうのです。

美しいはずの妻の唇が、くすんだ茶色のように見えてしまいます。

 

そこで、夫に特殊なサングラスをかけてもらうと、、、

そこで、夫に特殊なサングラスをかけてもらいます。

 

スクリーンに映された妻の唇が、美しい赤色に見えるのです。

スクリーンに映された妻の唇が、美しい赤色に見えるのです。

 

人生ではじめて妻の美しい唇の色を見た男性は、感動のあまり言葉が出てきません。

 人生ではじめて妻の美しい唇の色を見た男性は、感動のあまり言葉が出てきません。

 

こちらの男性は、感動のあまり空いた口が塞がりません。

こちらの男性は、感動のあまり空いた口が塞がりません。

 

自然と笑顔がこぼれます。

自然と笑顔がこぼれます。

 

そして、スクリーンの後ろからパートナーが登場します。

そして、スクリーンの後ろからパートナーが登場します。

 

夫婦はお互いに駆けより、抱き合います。

夫婦は感動のあまりお互いに抱き合います。

 

そして、美しい妻の唇にキスを。

そして、美しい妻の唇にキスを。

 

自分が見ているものが信じられなくて、サングラスをかけたり、外したりを繰り返す男性も。

自分が見ているものが信じられなくて、サングラスをかけたり、外したり繰り返す男性も。

 

人生で初めて「赤色」を見た瞬間です。

人生で初めて「赤色」を見た瞬間です。

 

化粧品を通じて「美しさ」という価値観を提供する、ロレアル・パリ。美しいということの感動を改めて感じることができる、素敵なキャンペーンです。

化粧品を通じて「美しさ」という価値観を提供する、ロレアル・パリ。美しいということの感動を再確認させてくれる、素敵なキャンペーンです。

スポンサーリンク

人気の記事

コメントを投稿する

  • Posted on 2016.05.14
  • Views 508