WordPressで不要になったカスタムフィールドを削除できるプラグイン Delete Custom Fields

cap

Delete Custom FieldsはWordPressで不要になったカスタムフィールドを削除できるプラグインです。

WordPressでブログやサイトを長年運用していると、自分で設定したものや、プラグインが使っていたものなど、カスタムフィールドに不要なデータが溜まっていきます。

データベースから直接削除してもいいのですが、Delete Custom Fieldsを使って管理画面から削除することもできます。

少し古いプラグインですが、WordPress 4.4.2で問題なく動作しました。(※2016/02/17現在)

スポンサーリンク

使い方

作業の前に、必ずデータベースのバックアップを取っておきましょう。データベースのバックアップ取得には、WordPressプラグインのWP-DBManagerがおすすめです。

WordPressのデータベースを自動バックアップできるプラグイン WP-DBManager
WordPressのデータベースを自動バックアップできるプラグイン WP-DBManager

Delete Custom Fieldsをインストールしたら、「ツール」メニューに新しくできた「Delete Custom Fields」に進みます。

cap2

カスタムフィールドをプルダウンから選択できます。「Show Hidden Fields」を押すと、全てのフィールドが表示されます。不要なものを選択して、「完全に削除する」ボタンを押すと、削除がはじまります。
※投稿に紐付いたデータもすべて削除されます。間違って必要なデータを削除しないように注意しましょう。よく分からないものはプラグインで使っていたりするので消さないようにしましょう。

cap3

削除の進行状況はリアルタイムに確認できます。

cap5

データベースでも確認したところ、きちんと対象のデータだけ消えていました。

↓削除前:166件

cap6

↓削除後:0件

cap7

スポンサーリンク
Delete Custom Fields – WordPressで不要になったカスタムフィールドを削除できるプラグイン

人気の記事

コメントを投稿する

  • Posted on 2016.02.17
  • Views 651