WordPressのファイルとデータベースをDropboxにバックアップできるプラグイン Dropbox Backup & Restore

cap09

Dropbox Backup & RestoreはWordPressのファイルとデータベースをDropboxにバックアップできるプラグインです。

Dropbox以外に、ローカル(サーバー内)にバックアップを取ることもできます。

バックアップデータの復元を行うことも可能です。

Dropboxにバックアップを取っておけば、いざという時、安心ですね。

無料で利用できますが、手動でバックアップボタンを押す必要があります。自動定期バックアップは有料版(19ドル)の購入が必要です。

関連記事

WordPressバックアッププラグインのおすすめの使い方
WordPressバックアッププラグインのおすすめの使い方
WordPressをバックアップする優良プラグイン8選を徹底比較!
WordPressをバックアップする優良プラグイン8選を徹底比較!

WordPressのバックアップデータをDropboxに保存する方法

↓プラグインをインストールすると、「Dropbox Full Backup」というメニューが追加されます。

cap08

↓「Settings」というボックスにある「Connect to Dropbox」ボタンを押します。

cap10

↓Dropboxとの連携認証画面が表示されるので、「許可」を押します。ブラウザでDropboxにログインしていない場合は、ログインを求められます。

cap11

↓分かりにくいですが、「Dropbox successfully connected」と表示されていれば、Dropboxとの連携完了です。

cap13

↓「Create Dropbox Backup」ボタンを押すと、Dropboxへのバックアップが開始されます。「Create Local Backup」ボタンは、ローカル(サーバー内)にのみバックアップファイルを作成し、Dropboxにはバックアップしません。

cap14

ここで注意が必要なのは、サーバーの空き容量です。Dropboxにバックアップする場合でも、一度バックアップ用の圧縮ファイルをローカル(サーバー内)に作成してから、Dropboxにバックアップが行われます。サーバーにある程度の空き容量が必要になります。

↓バックアップが開始されました。

cap04

↓バックアップデータは、複数のzip圧縮ファイルに分割されます。

cap06

↓バックアップデータを一覧で確認できます。

screenshot-8

Dropboxに保存したバックアップデータをWordPressに復元する方法

↓バックアップデータの一覧が表示されるので、「Restore」ボタンでバックアップデータを復元することができます。

screenshot-9

「Type of Backup」という項目が「local backup」となっているものが、ローカル(サーバー内)のバックアップデータ、「dropbox backup」となっているものが、Dropboxのバックアップデータです。

有料版

↓有料版は自動定期バックアップが可能になります。

cap05

WordPressテーマの人気記事

2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 3,338