イベント(Events)の構造化データをマークアップする方法

イベント(Events)の構造化データをマークアップする方法

Photo by Noiseporn via Unsplash

イベント(Events)の構造化データをマークアップする方法を紹介します。

イベント(Events)の構造化データ

Googleは検索結果にイベントに関する情報をエンリッチ検索結果として表示することがあります。

エンリッチ検索結果は通常の検索結果の上部に目立つ形で表示されます。

イベントの予定は構造化データを設定しなくても表示されることがありますが、構造化データとしてマークアップしておくことで、Googleにより正確に情報を伝えることができます。

JSON-LDでマークアップ

イベント(Events)の構造化データをJSON-LDでマークアップする方法です。JSON-LDはページのどこに記述しても問題ありませんが、通常は<head>タグ内に記述します。

<script type="application/ld+json">
{
  "@context": "http://schema.org",
  "@type": "Event",
  "name": "Jan Lieberman Concert Series: Journey in Jazz",
  "startDate": "2017-04-24T19:30-08:00",
  "location": {
    "@type": "Place",
    "name": "Santa Clara City Library, Central Park Library",
    "address": {
      "@type": "PostalAddress",
      "streetAddress": "2635 Homestead Rd",
      "addressLocality": "Santa Clara",
      "postalCode": "95051",
      "addressRegion": "CA",
      "addressCountry": "US"
    }
  },
  "image": [
    "https://example.com/photos/1x1/photo.jpg",
    "https://example.com/photos/4x3/photo.jpg",
    "https://example.com/photos/16x9/photo.jpg"
   ],
  "description": "Join us for an afternoon of Jazz with Santa Clara resident and pianist Andy Lagunoff. Complimentary food and beverages will be served.",
  "endDate": "2017-04-24T23:00-08:00",
  "offers": {
    "@type": "Offer",
    "url": "https://www.example.com/event_offer/12345_201803180430",
    "price": "30",
    "priceCurrency": "USD",
    "availability": "http://schema.org/InStock",
    "validFrom": "2017-01-20T16:20-08:00"
  },
  "performer": {
    "@type": "PerformingGroup",
    "name": "Andy Lagunoff"
  }
}
</script>

属性の解説

イベント(Events)の構造化データの属性は次のようになります。

属性 説明
name イベントの名前
startDate イベントの開始日
endDate イベントの終了日
location イベントの場所
location.name 場所の名前
location.address 詳細な住所
description イベントの説明
image イベントに関連する画像のURL
推奨サイズ 1920px(最低サイズ 720px)
offers チケットに関する情報
offers.availability チケットの状態
"availability": "http://schema.org/InStock"
"availability": "http://schema.org/SoldOut"
"availability": "http://schema.org/PreOrder"
offers.price 通貨コード
offers.validFrom チケットの販売開始日
offers.url チケットの販売ページのURL
performer 出演者に関する情報
performer.name 出演者の名前
参考

人気の記事

2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 57