目が悪い人がどのように見えているかシミュレートできるサイト

cap

Eye Simは視力を入力すると、その視力が持つ人がどのように見えるかをシミュレートできるサイトです。

シンプルですが、面白いアイディアですね。

3つの項目があります。

  • Sph(Spherical ):球面度数
    近視または遠視の度合いを示す値です。マイナスが近視、プラスが遠視です。眼科の処方箋では「S」とも表記されます。ともちなみに私は-5.25くらいです。眼鏡なしだと何もできません。
  • Crl(Cylinder):乱視度数
    乱視の度合いを示す値です。処方箋では「C」とも表記されます。
  • Axis:乱視軸
    乱視の角度のことです。0°〜180°で記されます。処方箋では「AX」とも表記されます。乱視の矯正が必要ない場合は、記載されないことが多いです。

眼科の処方箋を見れば、それぞれの数値が分かります。

私は近視で乱視はほぼ無いので、Sph:-5.25、Crl:0、Axis:0で、こんな感じに見えます。

cap2

健康な目では、Sph:0、Crl:0、Axis:0で、こう見えます。

cap3

関連記事

人気の記事

目的別おすすめのWordPressテーマ(無料・有料)【2017年版】
目的別おすすめのWordPressテーマ(無料・有料)【2017年版】
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ11選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ11選

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 423