フェルメールの作品を鑑賞できるフリック・コレクション美術館のバーチャル体験ツアー

fer06

ニューヨーク・マンハッタン、セントラルパークを目の前に望む一等地にあるフリック・コレクション美術館は、フェルメールの作品を所蔵するなど充実したコレクションで知られています。

日本でも人気が高いフェルメールですが、その生涯で残した作品は少なく、30数点しか現存していません。

そのほとんどをヨーロッパとアメリカが所蔵しています。日本には一点もありませんでしたが、2014年に「聖プラクセディス」がクリスティーズで競売され、新たな所蔵者が国立西洋美術館に寄託したことで2015年からは日本でも常設展示されるようになりました。

↓国立西洋美術館で観ることができるフェルメールの「聖プラクセディス」

cap5

ニューヨークには8点のフェルメールがあり、5点をメトロポリタン美術館が、3点をフリック・コレクション美術館が所蔵しています。

フリック・コレクションに所蔵されているフェルメールは「中断された音楽の稽古」「士官と笑う娘」「婦人と召使」の3点です。

↓中断された音楽の稽古 @South Hall

cap6

↓士官と笑う娘 @South Hall

cap7

↓婦人と召使 @West Gallery

cap8

美術館の設立者であるヘンリー・クレイ・フリックは、鉄鋼業で財をなしました。フリックの死後、彼の邸宅は美術館として開放され、所蔵していた美術コレクションも一般に公開されています。

所蔵作品もさることながら、20世紀の富豪が暮らした邸宅を拡張した館内は、部屋のいくつかが当時のままの姿で保存されており、美術館の建物自体が素晴らしい歴史的建築物になっています。

世界中から観光客が訪れる、人気の美術館です。

 

さて、前置きが長くなりましたが、フリック・コレクション美術館は、Webサイト上で、館内を体験できる、バーチャル体験ツアーを公開しています。

フェルメールをはじめとした美術作品、そして、美しい美術館の館内を観て回ることができます。現在は工事中で一般非公開のエリアも公開されており、バーチャル体験だからこそ観ることができるエリアもあります。

Fragonard Room

fer06

Dining Room 部屋の中の調度品も見事です。

fer07

Portico Gallery 部屋によっては音声解説も用意されており、日本語で音声解説を聴くことができます。

fer05

West Gallery

fer01

↓ East Gallery

fer02

Fifth Avenue Garden 庭の風景も素敵です。

fer03

人気の記事

2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 565