大手企業も利用している翻訳専門のクラウドサービス Gengo

2

Gengoは大手企業も利用している翻訳専門のクラウドサービスです。

従来の翻訳サービスよりも安価、スピーディーで、一般的なクラウドソーシングよりも翻訳の品質が高いです。

更新頻度の高いサイト、ニュースなど即時性が求められるサイト、翻訳コストを抑えたいサイトにおすすめです。

JTB、東洋経済、ビームス、PARCOなど、大手企業も利用しています。

1

Gengoの特徴

  • クラウドサービスなので、ネットで簡単に申し込める。
  • とにかく早い!「95%の案件の翻訳が2時間以内に開始され、平均1時間で完了」するそうです。
  • 翻訳はネイティブ翻訳者が担当。
  • 翻訳者の合格率は7%以下。
  • 日々大量の翻訳が必要な法人用にAPIサービスも用意されています。自社で利用しているシステムと翻訳の依頼、納品を連動させることができます。
  • シンプルで安価な料金体系。日英翻訳なら、スタンダードプランが1文字5円、ビジネスプランが1文字9円。
  • 支払いはクレジットカード、またはPayPalで。

最低文字数制限が無いので、短文のニュースやtwitterなどソーシャルメディアの投稿、メールの文章、プレゼン資料、看板の注意書き、レストランのメニューの翻訳などにも利用できます。

「靴を脱いでください。」などの超短い文章でも依頼できます。

フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト

フリーランスWebクリエイター大募集!「ギークスジョブ」

人気の記事

日本語対応の無料WordPressテーマ10選
日本語対応の無料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 395