SEO : Google公式見解 新しいドメイン「.tokyo」や「.camera」を有利に扱うことはない

Google

Googleがトップレベルドメインの扱いについて公式見解を発表しました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 新しいトップレベル ドメイン(gTLD)に対する Google での取り扱いについて

新しいトップレベルドメインとは、「.tokyo」や「.nagoya」、「.yokohama」のような地域の名前がついたものや、「.camera」や「.bike」、「.gift」のようにサービス名がついたものです。

例えばカメラサイトを運営する場合、ドメインを「.camera」にしたらSEOに有利なのでは?という情報も流れていますが、Googleは、他のトップレベルドメイン(「.com」や「.org」)と同じように扱っているので、有利に働くことはないと発表しました。

「.tokyo」や「.nagoya」、「.camera」や「.bike」がSEOに有利になることはありません。

ただ、サイトのブランディングには使えると思います。例えば、東京の地域情報サイトならば、「.tokyo」を使うのはブランディングとしてありだと思います。

スポンサーリンク

みんなが見ている記事

コメントを投稿する

  • Posted on 2015.07.26
  • Views 205