タイのろうあ学校が、テクノロジーの力で言語障害者の明日を変える

タイのろうあ学校が、テクノロジーの力で言語障害者の明日を変える

聴覚には問題がないけれど、上手く話すことができないことを、言語障害といいます。

言語障害を持っている人たちは、普段は手話でコミュニケーションを取っています。

しかし、手話ができる人は少なく、タイでも人口のわずか0.02%、5,000人に1人しか手話を使いこなせません。

手話ができない人とのコミュニケーションには、大きな壁があり、日常生活を送る上でも困難なことがたくさんあります。

例えば、タクシーに乗るのにも、手話だけでは行き先を伝えるのは困難です。今はスマートフォンで行き先を表示して伝えることもできますが、道順など細かい情報を伝えるのは難しく、現実には上手くコミュニケーションが取れないことが多々あります。

 

女のことがタクシーに乗ろうとしますが、手話を理解してもらえずに、タクシーはそのまま行ってしまいます。

2016-08-01_15h32_32

2016-08-01_15h32_45

 

そこで、タイのろうが学校は、言語障害者が手話ができない人とコミュニケーションを取るためのアプリ「HEAR THE VOICE OF SILENT APP」を開発しました。

2016-08-01_15h46_25

 

アプリを顔の前にかざして口を動かします。

2016-08-01_15h33_51

 

すると、カメラが口の動きを認識して、口の動きに合わせた音声をスピーカーから流します。

2016-08-01_15h33_56

口を動かすだけで、アプリが代わりに音声を発してくれるのです。

 

このアプリを使えば、バイクタクシーに乗る前に、「いくらですか?」と料金を聞くことができます。

2016-08-01_15h34_32

 

混雑したエレベーターで、「8階をお願いします。」と伝えることができます。

2016-08-01_15h34_37

 

病院で、「腹痛があります」と症状を伝えることができます。

2016-08-01_15h34_40

 

切符を買うときに、「コーンケンまで」と、行き先を伝えることができます。

2016-08-01_15h34_22

 

テクノロジーの力を使って、コミュニケーションの壁を取り払い、言語障害を持っている人の明日を変える、すてきな挑戦です。

スポンサーリンク

みんなが見ている人気記事

コメントを投稿する

  • Posted on 2016.08.01
  • Views 289