Illustratorでリアルな炎と文字を描くチュートリアルまとめ

Illustratorで描く、リアルな炎と文字のチュートリアルを紹介します。

関連記事

炎の作り方、炎の文字の描き方Photoshopチュートリアルまとめ
炎の作り方、炎の文字の描き方Photoshopチュートリアルまとめ

1. 燃え上がる炎の描き方

リアルな薪を描いて、そこに炎を加えていきます。炎から立ち上る煙も再現されています。薪を増やしてキャンプファイヤーのようにしたり、小さな火にしたりと、応用の幅が広いです。

cap
It’s Guy Fawkes Night! Create a Bonfire With Blends in Adobe Illustrator

2. ろうそくの炎の描き方

リアルなろうそくの炎を作ります。暗闇の中で炎が発しているぼんやりとした光が特徴的です。ろうそく本体は、上の方を炎に合わせてぼんやりさせるように、グラデーションを適用しています。

簡単リアルなろうそく炎の描き方
【Illustrator】簡単リアルなろうそく炎の描き方

3. 燃え上がる文字のテキストエフェクト

炎の文字を描く方法です。ブラシを使って作る、最もシンプルな方法です。一度ブラシを作ってしまえば、サクサクと作業が進みます。

How to Create a Fire Text Effect in Illustrator
How to Create a Fire Text Effect in Illustrator

4. 炎の文字のテキストエフクト

ブラシとブレンドツールを使って、燃え上がるテキストエフェクトを作成します。ストロークを細かくすることで、文字の端が馬のたてがみのような、流線型の、勢いのあるデザインになります。

Fire-026
How to Fire Up Your Designs Using This Awesome Vector Fire Text Effect

5. 火の付いたマッチ

メッシュツールを使って、火の付いたマッチを描きます。マッチの先の穴や、火が風でなびく様子まで、細かく再現されています。

火の付いたマッチ
Create a Burning, Vector Match Using Gradient Meshes

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 17,002