ロゴ(Logos)の構造化データをマークアップする方法

ロゴ(Logos)の構造化データをマークアップする方法

Photo by Alexander Londoño via Unsplash

ロゴ(Logos)の構造化データをマークアップする方法を紹介します。

Googleは検索結果のナレッジグラフに、企業のロゴ画像を表示することがあります。

ロゴの構造化データのサンプル

ロゴ画像を構造化データとしてマークアップする方法を紹介します。

ロゴ画像を構造化データとしてマークアップしていなくても、Googleは検索結果にロゴ画像を表示することがありますが、構造化データとしてマークアップしておくことで、Googleにより正確に情報を伝えることができます。

JSON-LDでマークアップする

ロゴ(Logos)の構造化データをJSON-LDでマークアップする方法です。JSON-LDはページのどこに記述しても問題ありませんが、通常は<head>タグ内に記述します。

<script type="application/ld+json">
{
  "@context": "http://schema.org",
  "@type": "Organization",
  "url": "http://www.example.com",
  "logo": "http://www.example.com/images/logo.png"
}
</script>

属性の解説

ロゴ(Logos)の構造化データの属性は次のようになります。

属性 必須 説明
url 必須 WebサイトのURL
logo 必須 ロゴ画像のURL
参考

人気の記事

2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 40