今、リアルタイムにサイトを見ているユーザー数を表示する方法「Real Time User」

今、サイトに、今、そのサイトを見ているユーザー数をリアルタイムで表示する方法を紹介します。

Real Time User

Real Time Userは、60秒以内にサイトを閲覧したユーザー数をカウントして、その人数をリアルタイムに表示することができるJavaScriptです。

ユーザー数のカウントはドメイン単位で行ってくれるようなので、サイト全体にJavaScriptを埋め込めば、そのサイトを閲覧しているユーザー数をリアルタイムに表示することができます。

Google Analyticsの機能にあるような、リアルタイムユーザー数をサイトに表示することができます。

Google Analyticsのリアルタイムユーザー数

デモ

デモページを用意しました。

ページを表示して、数秒でページを閲覧しているユーザー数が表示されます。複数ブラウザで閲覧すると、カウントが増えていくのが分かります。

リアルタイムユーザー数のデモ

使い方

HTML

HTMLは1行だけです。黒背景に白文字のスタイルです。

<div class="realtimeuserscounter realtimeuserscounter--styled"></div>

プレーンテキストバージョンも用意されています。こちらをベースに自分でCSSを調整するのもいいと思います。

<div class="realtimeuserscounter"></div>

JavaScript

あとは、JavaScriptを読み込むだけです。場所は、HTMLのコードより後に記述します。</body>閉じタグの前などがいいと思います。

<script src="https://realtimeusers.bycontrast.co/realtimeusers.js"></script>

以上で、Real Time Userの実装は完了です。

まとめ

Real Time Userを使って、サイトに現在サイトを閲覧しているユーザー数をリアルタイムに表示する方法を紹介しました。ある程度のアクセス数があるサイトの場合、閲覧ユーザー数を表示することで人気のあるサイトであることをアピールすることができます。実装も簡単です。

関連記事

人気の記事

目的別おすすめのWordPressテーマ(無料・有料)【2017年版】
目的別おすすめのWordPressテーマ(無料・有料)【2017年版】
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ11選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ11選

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 1,467