WordPressでFeedlyなどのRSSリーダー経由のアクセス数を計測する方法

WordPressでFeedlyなどのRSSリーダー経由のアクセス数を計測する方法を紹介します。

WordPressでFeedlyなどのRSSリーダー経由のアクセス数を計測する方法

メディアサイトやブログでは、FeedlyなどのRSSリーダーからのアクセス数を一つの指標とすることがあります。

今回は、WordPressでRSSリーダーからのアクセス数を計測する方法を紹介します。

Google Analytics by MonsterInsights

Google Analytics by MonsterInsightsは、GoogleAnalyticsと連動して、アクセス解析タグを埋め込むことができるWordPressプラグインです。

2016年用、おすすめのWordPressプラグイン29選でも初回しましたが、管理者のアクセスを自動的に除外したり、外部リンクのクリックや、ファイルのダウンロード履歴をイベントとして記録したりできます。

このGoogle Analytics by MonsterInsightsのオプション機能を使うことで、RSS経由のアクセス数を計測することができます。

FeedlyなどのRSSリーダー経由のアクセス数を計測する方法

プラグイン「Google Analytics by MonsterInsights」をインストール、有効化したら、メニューから「Insights」 > 「設定」に進みます。

使い方 1

 

「Authenticate with you Google account」ボタンを押します。

使い方 2

 

Google Analyticsアカウントとの連携を承認する画面が表示されます。「Allow」ボタンを押して承認します。

使い方 3

 

認証用コードが表示されるので、コピーします。コピーしたら、このポップアップ画面は閉じます。

使い方 4

 

先ほどの承認コードを貼り付けて、「認証コードを保存」ボタンを押します。

使い方 5

 

Analyticsの「プロフィールを選択」のプルダウンで、連携するビューを選択します。

使い方 6

 

最後に、「Advanced」のタブにある「Tag links in RSS feed with campaign variables」にチェックを入れます。

使い方 7

 

これで、RSS経由のアクセスを判別できるようになります。結果は、「集客」 > 「すべてのトラフィック」 > 「参照元/メディア」 で確認することができます。

WordPressでFeedlyなどのRSSリーダー経由のアクセス数を計測する方法

 

仕組みとしては、WordPressが出力するRSSに含まれるリンクに、Google Analyticsのキャンペーン記録用のパラメーターを付与しています。

RSSリーダーから記事へのリンクが通常は普通のリンクですが、

キャンペーン用のパラメータが付与されたリンクに変わります。

プラグインをインストールして、オプション機能を有効にするだけで、RSS経由のアクセスを判別することができます。

人気の記事

日本語対応の無料WordPressテーマ10選
日本語対応の無料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 507