iPhone、iPadアプリ申請に必要なスクリーンショットを作成できるサービス Screenshot Builder

billboard-v639678a510ce

Screenshot Builderは、iPhone、iPadアプリ申請に必要なスクリーンショットを作成できるサービスです。

iPhoneアプリ申請に必要なスクリーンショットの準備は、とーっても面倒です。

iPhone5やiPhone6、iPhone6 Plusなどデバイスごとに異なる大きさの画像を用意する必要があります。

1つのデバイスに画像は5枚まで添付できるので、5枚 x 4デバイスだとすると、20枚の画像を用意する必要があります。

英語版などローカライズ版も申請するなら、それが2倍、3倍と増えていきます。。。

Screenshot Builderを使うとオンライン上でサクサックとアプリの申請用スクリーンショットの用意ができます。

スポンサーリンク

iPhoneアプリ申請に必要なスクリーンショットのサイズ

  • iPhone4/4S 640×960
  • iPhone5/5S/5C 640×1136
  • iPhone6 iOS8 750×1334
  • iPhone6 Plus 1242×2208

使い方

あらかじめ用意したスクリーンショットの画像をアップロードします。

cap3

アプリのスクリーンショットがiPhoneデバイスの中に配置されます。デバイスは白、黒から選べます。説明文を入力して、背景色、文字色、文字フォントを選択します。

cap4

説明テキストの配置は上下から選べます。有料版では、配置できるレイアウトが増えます。

cap

各アプリ用に、異なるサイズの画像が自動で作成されます。

cap5

料金

無料版

無料版でも結構使えます。個人アプリの申請に利用するなら、無料版でも十分です。

  • iPhone用の画像作成
  • 1度作成した画像セットの保存(保存しておくと再編集ができる)。保存できるのは1セットだけ。
  • スクリーンショットは全デバイス共通。
  • JPG形式で出力
  • 選択可能な配置パターンは3種類(説明テキストとスクリーンショットの配置パターン。上部テキスト、下部テキスト、テキスト無しの3パターン。)

有料版

有料版は99ドルとちょっと高額ですが、次の機能が利用できます。

  • iPhone/ iPad用の画像作成
  • 1度作成した画像セットを複数保存できる(無料版は1セットまでなので、複数のアプリを保存できない。毎回破棄して最初から作成するなら無料版でもOK。)
  • デバイスごとにスクリーンショットの変更が可能
  • 高解像度PNG形式での出力
  • 無料版に比べて選択可能な配置パターンが増える

cap6

人気の記事

日本語対応の無料WordPressテーマ10選
日本語対応の無料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
スポンサーリンク

関連記事 & スポンサーリンク

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 1,002