WordPress:目次を表示するプラグイン「Table of Content Plus」で使えるショートコード一覧

WordPress:目次を表示するプラグイン「Table of Content Plus」でショートコード一覧

Table of Contents Plusは見出しから記事の目次を自動で表示することができるWordPressプラグインです。

Table of Content Plus

このような目次を自動生成することができます。

目次サンプル

すべての記事に自動で表示することも可能ですが、記事ごとにショートコードを使った表示も可能です。

ショートコードを使うと、記事ごとに細かな調整が可能になります。

今回は、Table of Content Plusで使えるショートコードの一覧を紹介します。

スポンサーリンク

Table of Content Plusで使えるショートコードの一覧

ショートコードを表示します。

labelで目次のタイトルを指定できます。

no_labelで目次タイトルの表示、非表示を切り替えます。trueで非表示、falseで表示です。

wrappingで目次の表示位置を指定します。leftで左、rightで右です。

heading_levelsで目次に表示する見出しレベルを指定します。h3、h4、h5を表示する場合、heading_levels="3,4,5"とします。

excludeで除外したい見出しタイトルのテキストを指定します。|で区切ることで、複数のテキストを指定することもかのうです。また、*などの正規表現を使うことも可能です。

classで目次にクラス属性をつけることができます。半角スペースで区切ることで、複数のクラス属性を指定できます。

目次を非表示にします。

サイト内の固定ページとカテゴリーを一覧表示します。投稿ページは表示されません。

サイト内の固定ページを一覧表示します。

headingに1~6を指定します。見出しレベルh1~h6を切り替えることができます。

labelで見出しのテキストを指定します。

no_labelで見出しの表示、非表示を切り替えます。trueで非表示、falseで表示です。

excludeで非表示にしたい固定ページをIDで指定します。複数指定の場合は「,(カンマ)」で区切ります。

exclude_treeで固定ページのIDを指定することで、その固定ページの子ページも含めて非表示にすることができます。

サイト内のカテゴリーを一覧表示します。sitemap_pagesと同じパラメーターが使えます。

投稿記事を一覧表示します。

orderで記事の昇順、降順を指定します。ASCで昇順、DESCで降順です。

orderbyで記事の並び替えの基準を指定します。titleでタイトル、dateで記事の公開日時、IDで記事のID、randでランダム表示がになります。

separateで一覧を区切り表示するかどうかを指定します。trueで区切り表示あり、falseで区切り表示なしです。

 

スポンサーリンク

みんなが見ている人気記事

コメントを投稿する

  • Posted on 2016.11.14
  • Views 124