複数の画像を自動的に配置して1枚の画像を作成できるPhotoshopエクステンション Tych Panel 2

※2017/04/02 ダウンロードページが削除されたため、リンクを削除しました。

Tych Panel 2は複数の画像を自動的に配置して1枚の画像を作成できるPhotoshopエクステンションです。

挿入方向と画像を選択するだけで、画像を自動的に配置してくれます。

こんな配置ができます

いくつか作成例を紹介します。

↓3行 x 3列の9分割。

DeathtoStock_Wired2-のコピー-2

↓大きさがバラバラなレイアウトも作成できます。

DeathtoStock_Wired5-のコピー-2

↓縦画像も配置できます。

DeathtoStock_Wired1-のコピー-2

インストール方法

ダウンロード

サイトにアクセスして、「Download」ボタンからzipファイルをダウンロードして、解凍しておきます。

Tych Panel – The ultimate diptych triptych ntych automation tool for Photoshop by Reimund Trost

インストール

Photoshopを管理者権限で起動します。Photoshopの起動アイコンを右クリックして「管理者として実行」を選択します。

名称未設定-2

Photoshopメニューの「ファイル」から「スクリプト」 > 「参照」を選びます。

名称未設定-3

ダウンロードして解凍したフォルダには、複数のPhotoshopバージョン向けフォルダが入っています。利用しているPhotoshopのバージョンに合ったフォルダにある「installer.jsx」を選択します。

cap

これでインストール完了です。

使い方

ウィンドウ > エクステンション > Tych Panel を選択します。

名称未設定-2

操作ウィンドウが表示されます。

「Top」「Bottom」「Left」「Right」から画像を挿入したい方向を選択します。

cap

今回は、「Bottom」を選んでみました。

画像ファイルの選択画面が表示されます。Ctrlキーを押しながら複数画像を選択できます。

cap8

自動で画像が2枚配置されました。

cap9

さらに、「Bottom」で画像を2枚追加挿入します。

cap10

「Left」で左側に画像を1枚追加します。

cap11

↓こんな画像が作成できました。

cap5

オプション

オプションで各種設定を行えます。

パネルから「Options」を選択します。

cap

Appearanceでは余白や横幅、ボーダーの色、サイズ、角丸などの指定ができます。

cap6

Miscでは、画像をスマートオブジェクトとして挿入(「Convert to smart objects」にチェック)、画像挿入と同時にマスクの作成(「Mask layers」にチェック)の指定ができます。

画像の挿入前後にPhotoshopアクションの指定をすることもできます。

スマートオブジェクト化とマスクは、編集の際に便利なので、指定しておきましょう。

cap7

アインストール

インストールを行った際に、インストールファイル「installer.jsx」と同じフォルダに、アインストールファイル「Tych Panel_ UNINSTALLER.jsx」が作成されます。

アインストールは、ファイル > スクリプト > 参照 からこのファイルを選択することで実行できます。

アインストールファイルを削除してしまった場合は、再度インストールを行うことで、出現します。

人気の記事

日本語対応の無料WordPressテーマ10選
日本語対応の無料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 4,463