Twitterのツイート数をカウント、表示する方法 widgetoon.js & count.jsoon

「widgetoon.js & count.jsoon」を使ってTwitterのツイート数をカウント、表示する方法を紹介します。

Twitterのツイート数をカウント、表示することができるwidgetoon.js & count.jsoon
widgetoon.js & count.jsoon

widgetoon.js & count.jsoonを使うと、ブログやウェブサイトでよく見かける、カウント数つきのツイートボタンを表示することができます。ツイートボタンは、オリジナルのデザインに変更することも可能です。

デモページ

スポンサーリンク

ツイート数のカウントと表示について(はじめに)

ウェブサイトやブロクでよく見かけるツイート数の表示ですが、Twitterが公式に提供していたツイート数取得API(count.json)は2015年11月に終了してしまいました。

現在、ツイート数を表示する方法は大きく2つあります。

1つ目は、自分でツイート数を集計する方法です。

ツイート数取得API(count.json)は2015年11月に終了してしまいましたが、現在でもTiwtterでは様々なAPIが提供されています。これらのAPIを利用して、ツイートを取得、集計をするプログラムを組むという方法です。

APIやプログラミングの知識がある場合は、この方法で正確なツイート数をカウント、表示することができます。しかし、この方法では開発に技術や時間、コストがかかるので万人向けではありません。

そこで、2つ目の方法です。Twitterのツイート数取得APIは2015年11月にサービスが終了しましたが、現在は、このツイート数取得APIの替わりとなる機能を提供しているサービスが複数あります。

代表的なサービスとしては、widgetoon.js & count.jsoonOpenShareCountTwitCountがあります。これらのサービスは2つ目の方法で紹介したTwitterのAPIを利用して独自にツイートを取得し、その集計結果を誰でも簡単に利用できるようになっています。

今回紹介するのは、このサービスのうち、widgetoon.js & count.jsoonです。

widgetoon.js & count.jsooの特徴

widgetoon.js & count.jsoonは日本の会社が運営しているTwitterのツイート数カウントサービスです。

  1. 日本語でサービスが提供されているので安心して利用することができます。
  2. 過去に投稿されたツイートもカウントすることができます。
  3. ツイートボタンは、オリジナルのデザインに変更することも可能です。
  4. 通常のツイート数のサイトであれば無料で利用することができます。
  5. 大規模サイトは登録時に連絡があります。(通常のツイート数のサイトならば問題ありません。)

    一例ですが、ツイート数が3分100ツイートを超える状態が24時間、7日以上連続する場合(回収漏れの可能性)や、総ツイート数が登録時の段階で100万ツイートを超える場合などです。その際は登録時にご連絡させて頂きます。

  6. 自身のツイッターアカウントと連携することで、ツイートの収集速度が上がります。
  7. 有名メディアサイトでも使われています。
    widgetoon.js & count.jsooの導入実績

デモ

デモページを実装してみました。

デモページ

widgetoon.js & count.jsoonを使って、Twitterのツイート数をカウント、表示する方法

それでは、widgetoon.js & count.jsoonを使って、Twitterのツイート数をカウント、表示する方法を紹介していきます。

利用はとても簡単で、最低限HTMLが触れれば設置が可能です。

サービス登録

まずは、widgetoon.js & count.jsoonのサービスに登録します。

サイトのURLとメールアドレスだけで登録できます。

widgetoon.js & count.jsoonのサービス登録

登録が完了まで、1~2営業日かかります。

widgetoon.js & count.jsoonの登録受付画面

登録が完了すると、メールで連絡があります。メールで届いたURLがマイページのURLになります。

widgetoon.js & count.jsoonからのメール連絡

Twitter連携

Twitter連携を行うことで、過去のツイートの集計できるようになり、ツイートの収集速度も上がります。

連携前 連携後
ツイートの収集量 30分~45分ごとに100ツイート 10秒~3分ごとに100ツイート
登録以前のツイートの収集 なし あり

連携なしでも使えますが、通常は連携して使用します。

Twitterと連携するためには、マイページにある「連携する」ボタンを押します。

widgetoon.js & count.jsoonのサービス状態2

認証画面が表示されるので、「連携アプリを認証」ボタンを押します。

ツイート認証ボタン

認証が完了すると、表示が「連携中」に変わります。

widgetoon.js & count.jsoonのサービス状態

マイページ

マイページでは取得済みのツイート数、取得済みの期間を確認できます。

取得済みのツイート数

「全ツイート回収」という欄に、回収予定が表示されます。これは、過去のツイートの回収予定です。ツイートの回収が完了すると、カウントが正確に表示されるようになります。

ツイート数のカウント状況

カウント数つきのツイートボタンの設置方法

最後に、カウント数つきのツイートボタンを設置します。

JS

「widgetoon.js」を使って、カウント数つきのツイーボタンの表示ができます。

ツイッターが公式に提供している「widget.js」とも併用が可能です。「widget.js」はツイッターウィジェット(タイムラインの埋め込み)などにも使用されているので、埋め込み用タイムラインなどがあるサイトでは、「widget.js」を残しておく必要があります。

HTML

カウントつきツイートボタンのHTMLはこんな感じになります。

data-url=""には、カウント対象となるページのURLを指定します。

data-text=""には、ツイートするテキストを指定します。

data-count=""には、ツイート数の表示位置を指定します。「vertical」なら縦表示、「horizontal」なら横表示にになります。

スクリプト実行

最後に、スクリプトを実行します。</body>閉じタグの直前などに以下を記述します。

これで、ツイート数つきのツイートボタンが表示されました。

カウント数つきのツイーボタン

data-count=""horizontalを指定すると、横表示になります。

横表示のツイートボタン

ツイートボタンを押すと、ツイート画面が表示されます。

ツイートのサンプル

まとめ

「widgetoon.js & count.jsoon」を使ってツイート数をカウントして、ツイート数つきのをツイートボタンを表示する方法を紹介しました。無料で利用することができ、ツイートボタンの設置も簡単です。日本語サービスなので安心して利用することができます。

スポンサーリンク
widgetoon.js & count.jsoon – Twitterのツイート数をカウント、表示する方法

みんなが見ている記事

コメントを投稿する

  • Posted on 2016.06.18
  • Views 826