WordPressでデータベースのパフォーマンスを簡単に調査する方法

WordPressでデータベースのパフォーマンスを簡単に調査する方法を紹介します。

次のタグをテンプレートの好きな位置に組み込んで、サイトを表示するだけです。

サイトを表示すると、タグを挿入した場所に「108 queries. 0.234」のようなテキストが表示されます。

cap2

「108」がデータベースへのアクセス数(クエリの回数)、「0.234」がHTMLへの変換にかかった時間(秒)です。「0.234」の部分が小さいほど、ページを準備する速度が速いということになります。

「get_num_queries()」でデータベースへのアクセス数(クエリの回数)を取得しています。

人気の記事

日本語対応の無料WordPressテーマ10選
日本語対応の無料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 339