WordPressでAMPページと通常ページを条件分岐する関数「is_amp_endpoint()」の使い方

WordPressでAMPページと通常ページを判別する方法を紹介します。GoogleがAMPを強力に推奨しており、このサイトでもAMPページの閲覧数が増えてきました。

WordPressでAMPページと通常ページを条件分岐する関数「is_amp_endpoint()」の使い方

スポンサーリンク

AMPページかどうかを判別する関数

WordPressをAMP対応する場合、プラグイン「AMP」を使う方法がシンプルで簡単です。

プラグイン「AMP」を使っている場合、関数is_amp_endpoint()を使って、AMPページかどうかを判別することができます。

AMPページの場合$myAmp = true、通常ページの場合$myAmp = falseとなります。

AMPページにAdsense広告を挿入する方法

例えば、AMPページ末尾にAdsense広告を挿入するときには、下記のコードをfunction.phpに記入します。

AMPページでのAdsense広告は下記のような記述方法になります。

Adsenseの広告コードからdata-ad-client="ca-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx"data-ad-slot="xxxxxxxxxx"の部分を使います。

スポンサーリンク

みんなが見ている人気記事

コメントを投稿する

  • Posted on 2016.11.04
  • Views 177