WordPressにモバイル用アコーディオンメニューを実装できるプラグイン「Responsive Menu」の使い方

WordPressにモバイル用アコーディオンメニューを実装できるプラグイン「Responsive Menu」の使い方

Photo Danka & Peter via Unsplash

WordPressにモバイル用アコーディオンメニューを実装できるプラグイン「Responsive Menu」の使い方を紹介したいと思います。

Responsive Menu

↓このように、モバイルサイトにアコーディオン形式のメニューを実装できます。

アコーディオンのヘッダーナビ

↓子メニューを展開した状態です。

アコーディオンのヘッダーナビ

↓さらに孫メニューを展開した状態です。

アコーディオンのヘッダーナビ

↓ちなみに、導入前の状態です。利用しているテーマでは、小メニュー、孫メニューが階層表示されてそのまま表示されていました。通常は問題ないのですが、メニュー数が多いと縦に長く、見にくくなってしまいます。

アコーディオンメニュー

それでは、プラグインの使い方を紹介していきます。

Responsive Menuの使い方

プラグイン「Responsive Menu」をインストール、有効化したら、「Responsive Menu」という設定メニューが表示されます。

Responsive Menu

ここでは、私が行った設定について紹介します。

まずは、「Initial Setup」の設定をします。

Initial Setup 3

①Breakpoint: アコーディオン形式のモバイルメニューを表示するブレイクポイントを設定します。使用しているテーマに合わせます。

②Menu to Use: アコーディオン形式のメニューを適用するメニューを選択します。

③CSS Selector Menu to Hide: アコーディオン形式のメニューはテーマが出力するデフォルトのメニューとは別のコードで出力されます。そのため、プラグインが出力するアコーディオン形式のメニューと、テーマが出力するデフォルトのメニュー、2つのメニューが重複して表示されてしまいます。そこで、テーマが出力するデフォルトのメニューを非表示にする必要があります。テーマが出力するデフォルトのメニューのCSSセレクタを指定することで、指定した部分を非表示にすることができます。

続いて「menu」の設定です。

menu

Animationの「Close on Body Clikcs」を「On」にします。これで、メニューの外をタップしたときに、メニューが閉じるようになります。

Animation

続いて、「Button」の設定を行います。

Button

Animationの「Positioning」から「Absolute」を選びます。ハンバーガーメニューの位置が絶対位置になります。

Locationで、ハンバーガーメニューの表示位置を調整します。

Location

Container SizingとLine Sizingでハンバーガーメニューの大きさを調整します。

Size

Background ColoursとLine Coloursからハンバーガーメニューの配色を調整します。

Background Colours

プラグインの設定はこれで完了です。各項目の設定値はテーマによって調整します。

最後にテーマのCSSに下記のコードを追加しました。

/* Responsive Menu */
* {
  -webkit-tap-highlight-color: rgba(0, 0, 0, 0);
  -moz-tap-highlight-color: rgba(0, 0, 0, 0);
}

Androidでアコーディオンメニューの動作を確認したときに、アコーディオンメニューをタップすると、画面全体が青色にピカッとハイライト表示されて見にくかったのこのスタイルを追加して、ハイライト表示を停止しました。

これで、WordPressにアコーディオンメニューを実装できました。

アコーディオンのヘッダーナビ

人気の記事

2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年、人気の無料WordPressテーマ100選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
2017年におすすめしたい、日本語対応の有料WordPressテーマ10選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選
アドセンス運用に最適なWordPressテーマ3選

コメント

  • Posted on
  • Updated on
  • Views 1,145