WordPressでカテゴリーやタグ、カスタムタクソノミーを一括インポートできる便利なプラグイン「WP Taxonomy Import」の使い方

WP Taxonomy Importの使い方

カテゴリーやタグ、カスタムタクソノミーのリストを一括インポートできる便利なプラグイン、「WP Taxonomy Import」の使い方を紹介します。

スポンサーリンク

WP Taxonomy Importでできること

WP Taxonomy Import
WP Taxonomy Import

WP Taxonomy Importを使うと、カテゴリー、タグ、カスタムタクソノミーのリストを一括でインポートすることができます。

タクソノミー名に加えて、タクソノミーのスラッグ情報、親子構造の情報もインポートすることが可能です。

都道府県のリストなど、大量のカテゴリー、タグ情報を登録する必要があるときに便利です。

WP Taxonomy Importの使い方

WP Taxonomy Importをインストール、有効化すると、「設定」に「Taxonomy Import」のメニューが追加されます。

以下のような画面でカテゴリー、タグ、タクソノミーの一括追加が可能です。

WP Taxonomy Importの使い方

「プレビュー」ボタンから入力した内容の確認、「タクソノミーを追加」ボタンから追加の実行ができます。

こちらはプレビュー画面です。

WP Taxonomy Importのプレビュー画面

タクソノミー名を登録する

タクソノミー名を登録するには、作成したいタクソノミーを1行ずつ改行して記載します。

親子構造を作成する

親子構造を持ったタクソノミーを作成することができます。親子タクソノミーの間に「->」を入れます。

タクソノミー名 + スラッグ名を登録する

タクソノミー名に加えて、スラッグ名も追加することが可能です。タクソノミー名とスラッグ名の間を「$」で区切って記載します。

大量のカテゴリーやタグ情報を登録する際に、便利なプラグインです。

スポンサーリンク
WP Taxonomy Import – WordPressでカテゴリーやタグ、カスタムタクソノミーを一括インポートできる便利なプラグイン「WP Taxonomy Import」の使い方

みんなが見ている記事

コメントを投稿する

  • Posted on 2017.03.21
  • Views 102