WordPressでよく使うプラグインを一括インストールできる WPCore

cap

WPCoreはWordPressでよく使うプラグインを保存しておいて、一括インストールできるサービスです。

WordPress立ち上げ時にプラグインをいくつもインストールするのは結構手間なので、かなり便利なサービスです。

WordPressサイトをよく作る人におすすめです。

まとめたプラグインのコレクションは一般公開することもできます。

Web制作ナビで利用しているサービスをBlogger Set にまとめてみました。

スポンサーリンク

使い方:プラグインセットを作る

↓「Create a new collection」からプラグインセットの作成をはじめます。

cap2

↓タイトルと説明をつけます。Publicで一般公開、Privateで自分だけのプライベートセットを作成できます。

cap3

↓プラグインを検索して追加していきます。wordpress.orgに登録されているすべてのプラグインを利用できます。

cap4

↓これでプラグインセットの完成です。このセットのkeyが発行されます。

cap7

使い方:プラグインセットを使って、一括インストールする

↓WordPressの管理画面 > プラグイン > 新規追加から「WPCore Plugin Manager」をインストールして、有効化します。

cap5

↓プラグインのセッティング画面「WPCore > Manage Keys」から、先ほどのキーを「Add a collection key」で追加します。

cap8

↓「Install Required Plugins」からプラグインを一括インストールします。この時に、「一括操作」のプルダウンから「Active」を選んでおくと、プラグインの有効化まで一気に完了できます。

cap9

一度コレクションを作ってしまえば、後はキーを入力してインストールするだけなので、作業がとても楽になります。

スポンサーリンク
WPCore – WordPressでよく使うプラグインを一括インストールできる

みんなが見ている人気記事

コメントを投稿する

  • Posted on 2014.10.16
  • Views 230